在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

HOME » メニュー » 外国人が日本へ家族を呼びたい | 在留資格ビザ・帰化申請サポート@大阪

外国人が日本へ家族を呼びたい

外国人が日本で家族と暮らすためのビザ(在留資格)

□ 日本で働くアメリカ人ですが、日本人の彼女と結婚し日本に住み続けたい!
□ 永住権をもっている中国人です。中国の女性と結婚したので日本に呼びたい!
□ インド料理店コックのインド人ですが、妻と子どもと一緒に日本で暮らしたい!

在留資格・ビザ専門行政書士の川添です。
ここでは、日本で配偶者や家族と一緒に暮らしたい人のビザについて解説します。

配偶者・家族ビザ(在留資格)

家族ビザ(在留資格)

日本人や日本に住む外国人の家族は家族ビザで日本に滞在できます。
これには法律上の家族であることが必要で、単なる同棲や事実婚、婚約では認められません。また日本では同性婚はみとめられていません。

もし離婚や死別した場合は在留資格が更新できません。その後も引き続き日本に住み続けるには離婚定住の在留資格などに変更する必要があります。

日本で家族と暮らすためのビザ(在留資格)の種類

日本で家族と暮らすためのビザ(在留資格)には次の3種類があります。

また、やや特殊な例として、日系人・元配偶者には以下のようなビザ(在留資格)もあります。

日本で家族と暮らすためのビザ(在留資格)の手続き

日本で働くためのビザ(在留資格)を取得するためには、入国管理局に申請をしなければなりません。
これには、次の3つの手続きがあります。

①今国外にいる外国人を日本で暮らせるよう呼び寄せる場合・・・在留資格の認定証明書
②日本にいる外国人のビザ(在留資格)を他のビザに変える場合・・・在留資格の変更
③今もっているビザ(在留資格)の有効期間を延ばす場合・・・在留資格の更新

これについてはすでに別ページ「在留資格の手続」で解説していますので、そちらを参照ください。

家族と暮らすためのビザについてのQ&A

申請にはどんな資料が必要ですか?

日本で家族と暮らすためのビザで一番のポイントは、結婚していること、家族であることなどの身分証明です。
婚姻証明や家族証明となる文書を取得することが大切です。
これらの書類は日本では戸籍に記載されていますが、外国ではそれぞれの国の制度によって取得方法が異なります。

申請にはどのくらいの時間が必要ですか?

新たに外国人を日本によびよせる「在留資格認定証明書」の手続きは約2カ月、すでに日本にいる外国人のビザ(在留資格)を働くことのできるビザ(在留資格)に変える「変更」の手続きでも約1カ月がかかります。
もし、申請した書類に不備や不足があったりすると、それ以上の時間がかかる場合もあります。

もし、申請が下りなければどうすればいいですか?

申請が下りなかった(不許可)場合、まずはなぜ不許可になったのかの理由を入国管理局で詳しく尋ねます。
もし、説明を加えたり、他の資料を提出することで許可されるようでしたら、すぐに再申請することも可能です。
(ただし、在留期限を超えることはできません。また帰国準備の特定活動に変更されている場合は特に注意が必要です。)

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab