在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

関西圏(大阪・京都・兵庫・奈良)の外国人支援(在留資格、帰化申請、国際結婚、外国人企業)ならお任せください!

入国、在留、留学、就職、結婚、住居、起業、地域活動・・・。日本での暮らす外国人のあらゆる活動に必要な文書作成、行政手続、情報取得は、契約書作成・外国人入管専門の行政書士にお任せください。

Immigration & Legal Documents Support for all Foreigner in Osaka, Kyoto, Kobe, Nara, and other Kansai area. Kawazoe Immigration Lawyer's Office

For Visa, Study, Work, Marriage, House, Business, and Community Activities, Legal Documents & Administrative Processes are required. Time-wasting, Bothersome, Lack of Information.. That's true even for Japanese. Our Office offers All Habitants more Confortable and Convenient Life, as Immigration Lawyer, as Life Consultant, and as Good Neighbor. Get in Touch with us for your Better Life..

入管申請取次行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, Immigration Lawyer, J.D.

大阪・京都・奈良・神戸・滋賀の在留資格(ビザ)申請

こんにちは。大阪で入管手続専門の行政書士事務所をしております行政書士の川添と申します。

外国人の在留資格・ビザ申請(国際結婚、外国人雇用や外国人起業など)をサポートし、これまで5,000件以上のご相談、1,000件以上の入管手続を行ってきた専門事務所です。

↓↓お悩みの外国人の方は今すぐご相談ください!

□韓国からの留学生ですが、卒業後も日本で働きたい
□インド料理コックだが、そろそろ自分でお店を出したい
□会社を経営していますが、日本に子会社をつくりたい
□日本人女性と結婚し、日本で夫婦で住み続けたい。
□日本で働いているが、家族を日本に呼びたい
□日本に住んで10年。永住権か日本国籍を取りたい
□夫がオーバーステイ(不法滞在)になってしまった。
□在日韓国人の父が亡くなり相続関係を整理したい

↓↓お悩みの日本人の方も今すぐご連絡ください!

□今後の中国進出のため優秀な留学生を採用したい
□フィリピン人女性と結婚したいが手続がたいへんそう。
□シンガポールの実業家と日本で貿易会社をしたい
□韓国人の妻が帰化して日本国籍をとりたいらしい。
□タイ料理店を始めるためタイから料理人を呼びたい
□外国人の友人をハワイの結婚式に呼びたい
□アメリカ人男性と結婚で夫婦財産契約の作成したい。
□外国人従業員に日本の法律や商慣習を説明したい

在留資格・ビザの手続は大変・面倒!

● 準備する書類も多く、入国管理局が遠い。
● 外国文書を取り寄せたり翻訳しないといけない。
● 間違った噂やデマも多くて一体何が正しいのか。
● ダメだったら帰国しなければならず責任も重大。

私たちは、仕事が忙しかったり、法律や行政手続きについてよくわからなかったり、外国語が難しかったりする外国人申請人や日本人関係者(勤務先会社の社長さんや人事担当者さん、配偶者さんや学校の先生など)に代わり、ビザ手続きの専門家として迅速・正確な手続きで外国人の在留資格(ビザ)・帰化(国籍取得)をサポートしています。

在留資格(ビザ)申請専門の行政書士にご相談下さい

すべての行政書士や弁護士が「外国人のビザ手続」を十分に理解し経験しているわけではありません。ご相談の際は在留資格・ビザ申請を専門とする入管業務に通じた専門家にご相談・ご依頼することをお勧めします。

当事務所は、年150件以上の手続、年1000件以上の相談実績をもつ専門事務所です。まずは一度メール・電話にてお問い合わせください(無料・英語可)。(*但、個別具体的なご相談については詳しい事情をお聞きし、当事務所の豊富な経験と実績にもとづいて責任をもって回答するため「面談・SKYPE相談(有料・完全予約制)」とさせていただきております。)

お問い合わせ

【事務所イメージビデオ】 Official Image Video

事務所代表挨拶(Greeting)

日本語

自己紹介・事務所案内

なぜ在留資格・ビザ専門の行政書士になったのか。

きっかけは、アメリカ高校留学。

中学三年生の15歳の夏。私は、岐阜県の山奥で「日本の伝統文化を外国人と一緒に学ぶキャンプ」に参加していました。中学校で習う教科のなかで「英語」が一番得意だったので、試しに外国人と英会話ができるかどうか試してみようと思ったのです。

しかし、その期待は見事に打ち砕かれました。全く通じなかったのです。というよりも、何か話そうにもそもそも相手が何を言っているのか全然わからない。最初は自分ではどうにか英語らしいものを話しているつもりでも、その後の会話が全く続かないのです。私はとても悔しい思いをしました。私はこのキャンプから帰った後、すぐに「これは留学しなきゃだめだ」と決意したのでした。そして、「高校はアメリカに留学したい!」と、その話を両親にすると・・・。

両親の答えは、最初、「大反対」でした・・・。(続きはこちら↓↓)

(more…)

当事務所の特徴

行政書士川添国際法務事務所のメリットは?

川添国際法務事務所の5つのメリット

■メリット1■ 在留資格(ビザ)・帰化申請専門!
■メリット2■ 外国人に関わる豊富な法律知識
■メリット3■ 安心のフォローアップ体制!
■メリット4■ わかりやすい報酬体系
■メリット5■ 生活や経営のアドバイスも!

1.ビザ(在留資格)取得・帰化申請専門!

行政書士の仕事内容は無数にあります。しかし数ある行政書士の許認可業務のなかでも、当事務所は「外国人のビザ(在留資格)手続き・帰化申請手続き」に開業当初から専門特化してきました。これにより現在は相談年間1000件以上、ご依頼年間100件以上を頂いております。このように外国人関係の手続きに専門特化したのは、私自身が外国留学や国際交流のプログラムに多数参加してきたなかで、異文化社会の生活・慣習・法律のギャップに悩み、そして乗り越えてきた経験があったからです。異文化理解への関心と、学生時代からの外国人の友人との人間関係の中で「日本の国際化をすすめる仕事につきたい」と思ってきたからです。英語での対応も可能。通訳・翻訳費用分、費用も低く抑えられます。

2.外国人に関わる豊富な法律知識!

外国人に関わる法律は多くありますが、日本の大学教育でこうした外国人専門の法律を学ぶ人はまだまだ少数派です。立命館大学国際関係学部では国際法・国際経済・国際文化を学び、神戸大学大学院法学研究科では国際私法、国際取引法、アジア法を学びました。また、立命館大学法科大学院時代も国際関係法(私法)を専門とし、米国ワシントンDCのアメリカン大学ロースクールでのサマーセミナーにも参加するなど国際社会・外国人に関連する法律を一貫して研究してきました。独立後も、国際ビジネス法学ぶ勉強会やセミナーなどで常に知識面での研鑽を続けています。

3. 安心のフォローアップ体制!

一度当事務所でご依頼いただいたお客様につきましては、継続的な連絡をとり次回以降の資料収集の手間が省けることで2回目以降の費用について大幅な割引価格(およそ3割引)で対応できます。また、当事務所で申請後、お客様の責任によらず不許可となった場合には着手金以外の報酬は返金保証いたします。 もちろん、申請前後のご相談にも対応しアフターフォローでもあ安心です。

4.わかりやすい報酬体系!

報酬は業務ごとに定額制(詳しくは報酬表へ)となっており追加費用は請求しません。一方、外国人のビザ手続専門の行政書士事務所として粗悪なサービスを安売りするつもりもありません。どうしても「安い」だけのサービスをお求めの場合は他の事務所にてご依頼下さい。(但し決して他に比較して高額な報酬ではありません。)

5.生活や経営のアドバイスも!

行政書士は許認可のプロですが、同時に法律や生活の身近なアドバイザーとしても多方面で活躍しています。お金、結婚・離婚、起業・ビジネス経営などの相談にも対応します。ビザ手続きとは別に報酬は発生しますが、外国人の生活トラブルの解決をまとめてサポートいたします。

ご依頼手順&報酬額表

ご依頼の手順

1. 無料お問合せ Free Inquiry

まずは下記メールにてお問合せください。
*お電話も可(TEL072-805-3331)
お問い合わせ

2. 面談  Interview

説明と確認 Explanation & Passport check
着手金支払   Payment of Retainer Fee

3. 申請準備  Preparation

証明資料の収集  Collecting Certificates
外国文書の翻訳   Translating 
申請書の作成   Making Application Letter

(*下線部は行政書士が代わって行います。)

4. 署名・押印  Signature

申請書にサイン  Signature on Application Form

5. 書類提出   Application

書類提出 Submitting documents 
入管連絡 Communication with Immgration
結果通知     Receiving the Result

7. 在留許可の取得   Permission

証印取得 Getting New Alien card

(*下線部は行政書士が代わって行います。)

 

報酬額表   Model Fee

認定証明書Certificate of Eligibility 120,000円
在留資格変更 Change 80,000円
在留資格更新Extend 40,000円
永住許可Permanet Residence 150,000円
帰化許可Naturalization 200,000円
資格外許可Part-time Job Permit 30,000円
再入国許可Re-entry Permit 10,000円

*上記は標準的報酬です(Model fee for reference.)

お客様の声&提携先紹介

当事務所に依頼いただきましたお客様からのコメントを、ご本人様にご了解の上で紹介させて頂きます。

京都在住: フェンガー様(大学教授)

Mr. Satoshi Kawazoe has been wonderful to work with, both for immigration and pension problems, which are very, very complicated even for Japanese nationals.
He has an impressive ability to explain things clearly in English, and having his office right in  the middle of the Kansai area, in Hirakata city, can solve problems in both Osaka, Nara, Kobe and  Kyoto city areas. His willingness to meet anywhere in Kansai has made things so much easier to understand and solve for me. I am very grateful for his services and can recommend him warmly to anyone with legal or work related problems.

 

奈良在住: アラヤル様(レストラン経営)

奈良県大和高田市でインド料理を経営しています。東京でコックをしていましたが、日本の地方都市にももっとインド料理を広めたいと思いお店を出しました。今は全国3店舗でやっています。川添さんにはインド料理人の呼び寄せや会社経営に関わる相談に乗ってもらっています。日本語を話すのは問題ないですが、入管手続の書類作成を頼んだり、記帳・労務の専門家を紹介してもらったりしています。
(お店紹介: サグン・インディアン・レストラン(割引クーポン有))

大阪在住: シャクティ様(レストラン経営)

Mr. Kawazoe is very good and expert, skilled person in this field.  I like him than others, so please give more chance to Mr. Kawazoe. He is new and honest person.  I pray to god for him best future.    Shakti ..

京都在住: ジョン様(会社勤務)

Kawazoe-san got back to my request for information about a visa promptly.  My case was rather complicated but he stuck with me through to the end and I was able to get my visa with working permission here in Japan.  Throughout the process he was kind enough to come to Kyoto to meet with me at my convenience, and met with my employer as well to discuss the paperwork that was necessary for the application.  Thank you for all of your help Kawazoe-san!*
*Kawazoe Satoshi is free to list this statement and my picture on his website for advertisement of his law practice

 

よくある質問 FAQ

相談について

Q1 どの地域の人が相談してもいいですか?

はい。基本的は構いません。これまでも東京入管、名古屋入管、広島入管管轄の地域へ出張して相談・申請代行を行っています。(ただし出張相談には別途下記出張費が必要です) なお、主なご依頼は、概ね大阪、京都、神戸、奈良近辺です。メール・FAX・電話での無料相談は、どの地域の方でもお受けしています。ただし、地域によって入国管理局、法務局の運用が多少異なることもよくあります。お近くの専門家(行政書士・弁護士)に尋ねられたほうが解決が早い場合もございます。

Q2 無料相談はどの範囲までですか?

無料相談メール(お問合せフォーム可)・電話のみです。ただし、電話相談は「留守電対応」も多く時間も3~5分程度に制限させて頂いてますのでできる限りメールをお勧めいたします。また、無料相談は個別の事情を書類で確認することまでは難しいため一般的な回答になります。 具体的な問題について詳しくお聞きになりたい場合は有料相談をお勧めいたします。

有料相談には面談(事務所内・出張)・スカイプ相談・セミナーがあります。面談(事務所内)はご予約の上当事務所にお越しいただきます(相談料6,000円)。面談(出張)はご予約の上貴社・お宅まで伺います(相談料10,000円+出張費・交通費)。スカイプ相談はインターネットサービスのスカイプを通じて行います(相談料6,000円)。なお、出張料・交通費については場所によって異なりますのでお問合せください。

Q3 相談に持っていくものはありますか?

外国人本人様の個人確認情報(ID)です。できればお手元にパスポートと外国人登録証をご準備いただいて、メール・FAX・電話お問い合わせ時にご確認ください。そのほかお伝えいただくことは、およそ次のような点です。

・現在のビザ(在留資格)の種類、期限
・国籍、年齢、家族関係など
・お困りごとの内容と、これまでの対応
・お問い合わせ頂いた方のお名前・ご連絡先

Q4 どの国の人でも相談できますか?

A4 日本語か英語で対応できましたらどこの国の方でも大丈夫ですこれまでに扱った国籍の外国人は、韓国、中国、フィリピンをはじめ、マレーシア、シンガポール、ミャンマー、ベトナム、タイ、インドネシア、インド、ネパール、スリランカなどのアジア諸国、アメリカ、カナダ、イギリス、デンマーク、ドイツ、イタリアなどの欧米諸国、ナイジェリア、イラン、エジプト、UAE、イスラエルなどの中東・アフリカ諸国、オーストラリア、ニュージーランドです。上のような国の方につき、主に日本語・英語にて業務を承っています(中国語と韓国語での相談は現在承っておらず翻訳・書類作成のみ可能です。日本語が全くできない方はご家族や通訳の方を同伴ください)。

Q5 事務所はどこですか?

A5 行政書士川添国際法務事務所の住所は大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-701です。京阪電車枚方市駅徒歩から北東へ徒歩約5分。地図はこちら です。詳細はお電話(072-805-3331)またはメール(info@gaikoku-jin.com)にてお問合せ下さい。

Q6 無料相談は回数・時間制限はありますか?

無料相談は電話とメールで受け付けていますが回数制限は特にありませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。ただし電話での相談は3~5分程度までの一般的な回答のみ受け付けており、移動中や来客中の場合には途中で打ち切らせていただく場合があります。また、メール相談についてもお返事が数日程度遅れる場合があります。緊急のご相談や内容の込み入った複雑な事情のご相談についてはご面倒でも「有料面談」をご予約されることをお勧めいたします。

Q7 面談には予約が必要ですか?

はい。すべての面談はご予約で承っております。ご予約については電話・FAX・メールなどでご都合のよい日時をお知らせ下さい(3つほど候補を挙げていただけるとスムーズです)。通常は翌日から1週間ほど先のうち空いている時間で調整させていただきます。ご予約なしに来所いただいても面談対応はできません。

Q8 面談には、料金がかかりますか?

はい、面談には料金( 6,000円)がかかります。下記の料金を参照ください。

Q9 会社や自宅に来ててもらうことはできますか?

はい、当方がお客様の自宅・会社にお伺いすることも可能です。ただし、下記の通り出張料・交通費を別途請求させて頂く場合があります。詳しくはお問合せください。
・(出張料)  10,000円 (朝、昼、夕それぞれ3時間あたり)
・(交通費)   実費

Q10 面談にもっていくものはありますか?

相談内容を簡単にまとめたメモを持参いただくと便利です。また、相談内容と関係のある文書や写真についてもできるだけ多く持っていただける方がスムーズです。身分証明として、外国人の方はパスポートと外国人登録証を、日本人の方は運転免許証を持参ください。またご依頼の際には契約のための印鑑又はサイン(認印可)が必要となります。

報酬について

Q11 報酬はいつどのように支払いますか?

報酬は、①着手金と②報酬残額の2つからなります。まず、着手金として5万円(報酬が5万円未満の場合は全額)をお支払い願います。お支払い確認後、ご依頼業務に着手します。報酬残額は申請書提出後1週間以内にお支払い願います。申請書提出後で、許可通知後ではありませんのでご注意下さい。

Q12 報酬の割引はしてもらえますか?

いいえ。通常、報酬の割引はおこなっておりません標準報酬として提示している金額は、当事務所が責任をもって業務を行うために不可欠な金額です。業務に必要な経費と時間をできる限りに効率化した上で決定したものです。ただし、必要書類のほとんどをご自身で収集されている場合や、申請書の提出をご自身でなされる場合など一部の手続きをご自身で負担される場合には、その部分につき割引いたします。もし、それ以外に特に正当な理由もなく割引をお望みの場合は責任を負いかねますので、ご縁がなかったものと思い誠に残念ではありますが、他のより安い価格を提示されている行政書士事務所等をご利用いただきますと幸いです。

Q13 家族で同時依頼の割引はありますか?

はい、ございます。家族滞在や永住申請など、ご家族で申請書類が重複する場合、その方にかかる手間と時間は省略することができますので、2人目以降の申請者の報酬額は半額とさせていただきます。例えば、家族滞在で妻1人、子3人を日本へ呼びよせる場合、妻は12万円、子は6万円が3人で合計30万円となります。

Q14 2回目以降の割引はありますか?

はい。ございます。更新時に前回申請内容と同様の資料が一部使用できるため、その方にかかる手間と時間を省略することができますので、25%を割引させていただきます。ただし、転職・離婚・転居などの事情の変化があった場合はその限りではありません。

Q15 不許可の際は報酬はどうなりますか?

着手金を除く報酬残金分はいただきません。(ただし、提出書類やインタビューの内容に虚偽が疑われた場合、申請者の都合で申請を取り下げた場合、途中で失業、離婚など生活上の大きな事情の変化が生じたことが不許可理由となった場合には除く)。また、不許可理由によって再申請は原則無料で対応させていただきます。

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab