在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

就労ビザを自分で取得するのはなぜ難しいのか?

外国人が日本で仕事をするためには「就労ビザ」を取得しなければなりません。これは専門家に依頼しなくても自分で取得することは可能ですが、非常に難しいこととされています。

そこで、就労ビザを自分で取得することがなぜ難しいのかについて解説します。

手続きが面倒

手続きが面倒

第一に「手続きが面倒」という点が挙げられます。数多くの書類を集めて手続きをしなければなりません。

まとまった時間を確保することが難しい人の場合だと、忙しい合間を縫って少しずつ手続きを進めることになりますが、多大な時間と手間がかかります。

提出先が遠く、時間がかかる

提出先が遠く、時間がかかる

書類の提出先には「入国管理局」が含まれています。手続きを済ませに行くだけでも手間ですが、何よりも「待たされる」というデメリットが無視できません。

入国管理局はとても混み合っており、自分で手続きをする場合だと相当な時間がかかることが多いです。忙しい合間を縫って手続きをするのはデメリットが大きいといえます。

就労ビザ取得の成功率が低い

専門家に依頼せず自分で就労ビザを取得しようとしても、必ず1回で取得できるとは限りません。申請書類に不備があるなどして申請が通らないと、最終的に就労ビザを取得するまでに一般的に数ヶ月、提出書類に不備がある場合さらに数か月取得までお時間を要する可能性があります。

場合によっては有効期限のある書類を取得し直さなければならなくなるなど、面倒さがより際立ってしまいます。

就労ビザ取得は行政書士に依頼を!大阪で就労ビザを取得するなら行政書士・川添国際法務事務所へ

手続きの特性上、自分で取得することも不可能ではない就労ビザですが、やはり難易度の高さや取得失敗のリスクを考えるとおすすめできる方法とはいえません。手間なく確実に就労ビザを取得したいのであれば、行政書士に依頼することをおすすめします。

大阪で就労ビザの取得をお考えなら、行政書士・川添国際法務事務所(大阪府枚方市)にお任せください。大阪、京都、奈良、神戸、滋賀など関西圏を中心に、外国人の在留資格・ビザ申請(国際結婚、外国人雇用、外国人の起業など)をサポートしております。

ビザ申請を専門に扱う行政書士だからこそ、充実したサービスで迅速・丁寧に対応いたします。面倒な文書作成や行政手続きをお手伝いしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

大阪で就労ビザの相談をするなら行政書士・川添国際法務事務所へ

事務所名 行政書士・川添国際法務事務所 Immigration Lawyer Kawazoe Office
代表者 川添 賢史 Kawazoe Satoshi
住所 〒573-1192 大阪府枚方市西禁野1丁目1−25-701
1-25#701, Nishi-Kinya 1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL 072-805-3331
FAX 072-805-3334 (24H)
MAIL info@gaikoku-jin.com
URL https://gaikoku-jin.com
営業時間 平日9:00~19:00(土日祝夜間は予約によって応相談)*メール・FAXは24時間対応

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab