在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

HOME » 更新情報

更新情報

事務所紹介・プロフィールを更新!

2018/09/30

事務所紹介・プロフィールを2018年版に新しくしました。

プロフィール

川添国際法務事務所、12のメリットを更新!

2018/09/30

トップページの事務所メリットを更新しました!

トップページ

ビザ・在留資格を2018最新版に更新中!

2018/01/16

入管法・技能実習法など新しい法制定や法改正がありました。

そこで、2010年から8年以上続けているこのホームページも、最新の情報に順次更新しております。ビザ・在留資格について定めている入管法はもとより、関係する法令の最新情報を豊富なコンテンツで増やしていく予定です。

BingSiteAuth.xml

2015/01/12

カテゴリー整理

2015/01/05

右サイドバーのカテゴリーを順次整理しています。

2015年1月~3月頃にかけて(順次予定)

2012年7月入管法改正ー政府インターネット動画

2012/03/20

2012年7月入管法の政府インターネット動画はこちら
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg5934.html

また、Q&Aはこちら
https://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/q-and-a.html

入管申請書の新様式。

2011/12/01

外国人の在留資格を取り仕切る入国管理局。
略して、「入管」。

国際化社会がいっそう進む中、入管行政も徐々に
変わりつつあります。今度の法改正でも「就学」の
ビザが「留学」に統合されたり、「研修」のビザが
新設されたり、再入国許可が緩和されたり・・・。

かなり変更点があります。まだ実施は先の話ですが。
関係者の方はご注意ください。

ちなみに「申請書」は最近、新様式に変わりました。
こちらもご注意ください。

Visa Application form  to Immigration bureau “Nyukan”
has been changed, these days. Please be careful!!

新しい研修・技能実習制度

2011/12/01

外国人研修生は新・技能実習制度へ

2010年7月から新しい研修・技能実習制度が始まります。
いわゆる外国人研修生を雇用している企業様は要チェックです。

外国人研修生の制度は、日本のすぐれた技術・知識を
アジア諸国等の開発途上国に移転するための制度として
作られました。しかし、最近は実質的な低賃金労働者として
脱法的に利用されることが問題視されてきました。

そこで、法律が改正され、新たな研修・技能実習制度
始まることになりました。

主な変更点は以下のとおりです。

「技能実習」の在留資格

これまでの「研修」の在留資格で日本に着ていた
研修生(1年間)は、あらたに技能実習生1号として、
講習(座学)による知識習得活動のあと、雇用契約に
基づく技能取得活動を行います。
雇用契約に基づき労働基準法が適用!!

これまでの「特定活動(技能実習)」の在留資格を
取得していた技能実習生(最大2年間)は、新たに
技能実習生2号として、雇用契約に基づき修得した
技能を要する業務(65種に限定)に従事します。

「研修」の在留資格は、国の機関等の公的研修や
実務作業なしの研修のみを行う在留資格として
今後も存続します。

講習(座学)

これまで1年目の「非実務研修」として行われて
いた講習は、原則として技能実習1号の期間全体の
1/6以上の期間(例:1年だと2ヶ月)を充てることに
なりました。

ここでは、日本語、日本生活一般、法的保護(入管法、
労働法)、技能習得に関する知識などにつき講義形式
で講習を受けなければならなくなりました。

違反罰則強化

監理団体による指導・監督・支援が強化されると同時に
不正行為によって課される罰則が強化されました。

・暴力・脅迫・監禁行為
・旅券・外国人証明書の取り上げ
・賃金不払い
・人権侵害行為
・偽造・変造文書の行使・提供

当たり前の話ですが、これら違反行為には
周知徹底を図り、十分に気をつけて下さい。

参考: JITCO(ホームページ

緊急、震災避難の再入国許可申請(Re-entry Permit)サポート

2011/03/18

緊急サポート、再入国許可(Re-entry Permit)サポート

再入国許可で震災避難の一時出国予定外国人・関係者の皆様へ。

東日本地震災害の影響を受けて、「再入国許可」申請を考えておられる外国人の方が3月17日現在入国管理局へ殺到しており、手続にかかる待ち時間も通常の数倍程度かかっています。また、平日昼間に申請に行くことのできない外国人・家族の方から多数のご相談を受けております。

そこで、川添国際法務事務所といたしましては、再入国許可手続の申請代行業務に対応するため、下記のとおり緊急の特別受付を開設します。また、費用につきましても通常の半額程度に抑え、その20%を震災被害復興のための募金に使用させていただくことと致しました。

特別受付窓口設置 Special Receipt for Re-entry Permit

3/20 Sun 13:00-17:00  Office in Hirakata, 19:00-21:00 in Umeda
3/21 Mon 19:00-21:00 in Umeda
3/22 Tue 19:00-21:00 in Umeda
3/23 Wed 19:00-21:00 in Umeda

Fee: 5,000yen (+Stamp tax: single 3,000 multiple 6,000)
Requirement: Passport, Alien Registration card

* 1,000yen of the fee above is donated to Red-cross, Japan.

TEL: 072-805-3331 Immigration Lawyer, Kawazoe Office

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab