在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

HOME » Q&A » Q:仕事が見つからないので起業して経営ビザに変えたい | 在留資格ビザ・帰化申請サポート@大阪

Q:仕事が見つからないので起業して経営ビザに変えたい

質問(就職難による経営管理ビザへの変更)

会社を解雇されこのままではもうすぐ今もっている就労ビザが期限になってしまいます。新しい会社が見つからないので自ら会社をつくって起業して、経営ビザに変えることで日本で暮らし続けることはできますか?

回答(可能性はあるが、条件はけっこう厳しい)

たしかに起業をして経営管理のビザ(在留資格)への変更も考えられます。この場合、雇用してくれる日本の会社が見つからなくても日本に住み続けることができる可能性あります。特に就職先が見つからないため、そのように考える外国人が多くいらっしゃいます。ただ、下記のことには注意が必要です。

まず、経営管理ビザを取得するには単に会社をつくって起業するだけでは足りず、いくつかの基準を満たす必要があります。

  • 経営規模(2名以上の常勤雇用または500万円以上の投資)
  • 事務所・店舗等の存在
  • 適切な事業計画と収支予算

毎年安定的に給与をえることができる就労ビザと違って、経営ビザによる活動は収入が不安定になりがちであるため、安定的・継続的な収入が得られるかが大きなポイントになります。しっかりとした準備や計画、日本で通用するビジネスの知識・経験なしに急に始めてしまうのは危険です。

また、日本で起業する場合には、日本独特の商慣習や法律知識が不可欠です。ビジネスを始めるには各種契約や営業許可などの法務、雇用にともなう労務、税金や社会保険などの知識がなければ長く続けることは難しいでしょう。

さらに、仮に経営管理ビザはとれたとして、在留期間が短く(1年など)なる可能性があります。売上などが安定するまではなかなか3年の在留期間を認められず、1年の在留期間がつづいていつまでも永住申請ができないという例もあります。

就労ビザがとれないから、起業して経営ビザに変えたいと安易に考えるのではなく、本当に起業しても売上を上げて収入をえられるのか、しっかりと準備することをおすすめします。

経営管理ビザ取得のご相談

もし、経営管理ビザの取得・変更をお考えの際には、ぜひお早めにご相談いただけたらと思います。その際にはできるだけ詳しいビジネスプラン(たとえば、どんな商品を、いくらで、誰に、どのような方法で売るのか等)を感がておくのがよいでしょう。まずはメール又は電話での無料お問い合わせをご活用ください。

  • メール・電話問い合わせ 0円
  • 来所相談 6,000円
  • SKYPE相談 6,000円
  • 出張相談 10,000円+交通費(遠方)

 

 

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab