在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

HOME » Q&A » アメリカ短期(B)ビザ申請 | 在留資格ビザ・帰化申請サポート@大阪

アメリカ短期(B)ビザ申請

アメリカへの短期ビザ申請

アメリカ(米国)入国にビザが要るか?

日本はアメリカとビザ免除協定を結んでいますので、通常日本人がアメリカに短期間の旅行などで入国するときにはビザの手続きがいりません。(ただし、インターネット上でESTAという登録手続きが必要です)

しかし、日本に住む外国人の方や、日本人であってもビザ免除にあたらない場合(例えば、犯罪歴がある方、入国拒否歴がある方)はビザ免除が受けられず、たとえ短期間の旅行であってもビザ申請をする必要があります。

ビザ申請手続きの方法

ほとんどの手続きをインターネット上で行います。その後、大使館・領事館で面接を行い許可をもらいます。

  1. DS160申請書の作成
  2. 証明写真の撮影・添付
  3. 審査手数料の支払い
  4. 面接予約
面接には本人が行かなければなりません(但し、原則13歳未満・80歳以上は不要の場合あり)。
まずは、こちらのサイトにいってガイドラインをよく読み、上記の1-4の手続きを行ってください。

このような方は、当事務所でもサポートを行っています。

□ インターネットはあまり得意でない
□ DS160書類の作成の仕方がよくわからない。
□ 証明写真がうまく撮れない、撮り方がわからない
□ クレジットカードを持っていない、Paypalの支払い方がわからない

などでお困りの方は当事務所でも上記の手続をサポートしております(但し、面接を代理することはできません)。

まずは、お電話にてご連絡(ご予約)の上、パスポート・チケット類をもって当事務所までお越しください。
手数料は25,000円(+米国領事館審査手数料が別途160米ドルかかります)となります。

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab