在留資格・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら行政書士川添国際法務事務所へお任せください!関西圏対応(大阪・京都・兵庫・京都)

HOME » メニュー » 就労資格証明をとりたい | 在留資格ビザ・帰化申請サポート@大阪

就労資格証明をとりたい

日本でどんな仕事で働けるかを証明する文書

外国人が日本で生活する際の一番の関心は、日本で働く(就労)ことができるかどうかであることが多いようです。在留資格はここの就労を基準として27種類に区別されており、在留資格で許された仕事の範囲外で働くことは厳格に禁止されています。

ただ、在留資格をみただけでは「どんな仕事ができて、どんな仕事ができないか」が分かりにくい場合があります。そこで、その外国人が働くことのできる業務や仕事内容について証明するのが就労資格証明書です。これは転職の際によく利用されます。

求職活動のために

まず、転職のための職探しに際に利用されまケースとしては次のような場合があります。

雇用先を見つけようとする外国人も、外国人を雇用しようとする雇用主も、その仕事が在留資格の範囲内であるかをきちんと確認することが必要です。もし、在留資格の範囲外の仕事を行っていれば「不法就労」となってしまい、外国人だけでなく雇用主も処罰されることがあります。

そこで、外国人・雇用主の双方が今もっている在留資格で働くことのできる仕事や業務の範囲を確認する必要がありますが、このような場合に就労資格証明書が利用されます。

就労できることの確認のために

また、転職で新しい会社が見つかった後に就労資格証明書を取得できれば、その会社で働くことを入国管理局が認めたことになります。新しい仕事が在留資格の範囲内であることを正式な書面上確認することができます。これによって、次の在留資格の更新の際に安心して申請することができます。

行政書士への依頼

転職の際には、その外国人の在留資格の範囲内の仕事であるか確認が必要です。申請の際しては、雇用先関係の書類を多くそろえる必要がある場合もあります。行政書士はそれらの手続きを外国人に代わって代行、取次することができますので、一度ご相談ください。書類の作成、収集のために時間をとられたり、提出のため会社を休む必要はありません。

お問い合わせはこちら

多文化共生社会をめざす For Muticultural Community
行政書士・川添国際法務事務所 Kawazoe Immigration Lawyer's Office
行政書士・法務博士 川添賢史 Kawazoe Satoshi, J.D.
〒573-1192大阪府枚方市西禁野1丁目1-25-4
1-25#701, Nishi-Kinya1, Hirakata, Osaka, 573-1192
TEL:072-805-3331 / FAX:072-805-3334
MAIL:info@gaikoku-jin.com
平日9:00~19:00(土日祝夜間・応相談) Holiday & Night, reservable

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab